婚約指輪にぴったりの材質は?

結婚指輪だけでなく婚約指輪もセットで普段使いしたい方や、生まれた子供に自分の指輪を譲りたいと考えている方など、婚約指輪を末長く使いたいと思うと、デザインと同じくらい気になるのはどの材質で作るかです。

多く用いられる材質には白金(プラチナ)、金、銀があります。純粋なこれらの素材は多少物によって扱いやすさや思い通りのデザインへの加工のしやすさなどが偏るため、もっぱら合金を使用します。

白金は自然界において非常に酸に溶けにくく、”王水”と呼ばれる液体にしか溶けないとされており、その半永久的で色褪せない輝きから、結婚指輪や婚約指輪に多く使用されてきました。

金はその加工の違いによってイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドと色味の違う素材があり、新郎はホワイトゴールド、新婦はピンクゴールドと色違いで揃いのデザインにするアレンジなどが楽しめます。

銀は、経年変化で色味が変わっていきますが、研磨剤や布でお手入れをすることで輝きを維持することができます。手間暇をかけることで愛着が増し、むしろその色の移り変わりを愛おしむこともできる渋い材質です。また、白金や金に対して比較的安価で求めることができます。

他に、ピアスなどにも使用されているチタンは軽くて酸化(サビ等)や金属アレルギーの一因となる汗にも強いため、金属アレルギーをお持ちの方にもオススメです。

現代は加工技術も進歩し、従来なかった新素材も利用できます。これからの二人に寄り添う大切な指輪選び、それぞれの個性やニーズにあった指輪を探すのも、結婚準備の幸せの一つですね。