スマートなプロポーズにエンゲージリング

”この人と結婚しよう”と思った時、具体的には何から始めればいいのでしょう。相手の同意が得られればいきなり市役所へ行って入籍というパターンもあるでしょうが、多くの場合男性側からの事前のプロポーズを女性が受け入れて結婚の約束をし、それから結婚の準備という流れが多いです。

こちら側が結婚したいという意思を持っていても、直接覗けはしない相手の心の内は計り知れません。折角意を決してプロポーズしても、時期尚早等様々な要因で万が一お断りされる結果の場合、自分にも相手にも大きな傷跡を残しかねないです。

相手からも結婚の意思を伝えられているならその限りではありませんが、プロポーズを受け入れてもらうまでは男性側には大きな不安があると思います。できる限りプロポーズ成功の可能性を高めるために多くの男性はどのような努力をしているのでしょうか。

プロポーズ成功にはプロポーズのシチュエーション、エンゲージリングの準備等に力を入れる男性が多いようです。従来は”夜景の素敵なレストランで2人の記念日に”などが定石のシチュエーションの一つでしたが、近年ではフラッシュモブを利用したものなど新しいプロポーズの仕方も登場しています。フラッシュモブとは、街中で通行人に扮した仕掛け人達が突然踊り出したり、楽器を演奏したりするサプライズの一種で、仕掛け人は主に友人に頼んだりインターネットでボランティアを募ります。

また、婚約指輪は結婚指輪と並んで女性にとって幸せな結婚の象徴的イメージの一つです。指輪はいらないという女性もいますが、やはりプロポーズとともに指輪をプレゼントされるのは多くの女性の憧れです。